スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バッドラック!!!

  • 2009/03/24(火) 21:45:36

バッドラックバッドラック
(2005/03)
水野 敬也

商品詳細を見る



ご存知ですよね、この人、水野敬也
夢をかなえるゾウで大ブレイクした人。
これは4年前の小説みたいですが、
やっぱ、オモローイ!!!

二人の神様の子供が、イタズラで一人の男を
テッテー的に困らせるのですが、
そのシチュエーションの解釈が、ホントに見事におもろい!
さすが、受ける技術を書いただけの人。

それにしても最近よく思うこと。
人間て相対的な生き物なんですね。
状況が人間をつくるのではなく、
その解釈がその人間なのである、とはよく言ったものです。
この世で起きる、おおよそすべてのことを
人間は越えていけるようです。
死ぬことは避けられませんが、その恐怖なら越えていけますね

なんだかこの人、もしかして大天才なのかも?
読めば読むほどに思います。
いったい何者なのかな?
新宿で、昔新宿で、”10分間貴方をほめます。”という商売をやって
大盛況だったそうです。

できそうでできないですね、人をほめるって・・・
目から鱗の一冊です。

スポンサーサイト

またまた登場です!夢の叶え方!

  • 2008/08/10(日) 17:04:44

夢をかなえるゾウ夢をかなえるゾウ
(2007/08/11)
水野敬也

商品詳細を見る



またまたこの本です。
読めば読むほどにおもしろい!

今頭から離れない言葉

”欲望をコントロールする”

その通りですね!
目標を達成するために、何か犠牲になる・・・
ウソです!
より高い目標のためにテマヒマをかけようとしたとき
優先順位をつけるのは当たり前です。
ダラダラしてることを省くだけのことです。
目先の欲望に負けて流されてただけのことなんです。
少しガマンしてみる。

ダイエットの時、慣れれば空腹に耐えられます。
耐えられるんです、絶対!
経験あります。
感覚って慣れるんです。
だから、今がんばってみようと思ってます。

目先の欲望を目の前にして、
ホントに必要なのかどうか、自分自身を問いただしています。

するってーと、かなりのことが省ける。
驚くほどに省ける。
はぶいてばかりじゃ、つまらないから
時々、自分にご褒美をあげる。
そういう時、手にしたものはホントに大切にします。

自分と戦うなんて、たいそうなもんじゃありません。

欲望と戦うんじゃありません!
主体的に、自分の意思でコントロールするんです。

やっぱりいい本です、コレ!
絶対オススメです!







ランキングに参加しています気に入っていただければご協力を
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキング

夢をかなえるゾウ

  • 2008/07/09(水) 22:51:29

夢をかなえるゾウ夢をかなえるゾウ
(2007/08/11)
水野敬也

商品詳細を見る



この本については、二度目です。
なんでか?

やっぱり面白いから!
読めば読むほど面白いから!

イヤ、実はホントにその通りなんです。
私の部屋の本棚の中にすべて答はあるんです。

何の答?
人生をどう送るかのか!

やっぱりその通りです。
やる?
それともやめとく?

やる!

じゃあ、すぐに、今日帰ったら始めましょう!
いやこの後すぐにやりましょう。
自分とちゃんと向き合いましょう!

答はもうすでに頭の中にあるんだから・・・






ランキングに参加しています気に入っていただければご協力を
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキング



読んでる途中ですけど、メッチャオモシロイ!

  • 2008/01/26(土) 18:06:07

夢をかなえるゾウ 夢をかなえるゾウ
水野敬也 (2007/08/11)
飛鳥新社

この商品の詳細を見る


いい本をどこで知るのか?
書評はモチロンですが、やっぱり本屋さん。
現場ですよ、ゲンバ!!!
ジケンはゲンバで起こるし、証拠はゲンバに落ちてるし・・・

休みの日に、ふらりと寄った馴染みの本屋さんで平積みにしてあって
ちょっと読んでみたら、もうゴッツ~オもろいやンケ!!!
インドの神様が大阪弁で、しかもゾウです・・・
しかも何よりタメになります。

夢をかなえるゾウ』 水野敬也

買って読んで、手元に置いておく価値十二分です!!!
久しぶりにいい買い物でした。



にほんブログ村 小説ブログへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。