スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堂々たる政治

  • 2008/05/05(月) 21:25:40

堂々たる政治 (新潮新書 257)堂々たる政治 (新潮新書 257)
(2008/04)
与謝野 馨

商品詳細を見る



政治家の本を読むのは久しぶりです。
すごくわかりやすい。
何がよくわかるって、『国家は巨大な割勘組織である』!
当たり前のことだったのに、自分は負担するのはイヤって言ったって・・・
そう、全くもって至極当然のことなのだ。
言われるまでもなくなのである。

もはやこの国の借金は、ムダを省くというようなレベルではないらしい・・・
そのことをちゃんと告げずに、反対論ばかり唱える野党やマスコミは
いかがなものかと・・・
この人です↓
与謝野馨

30日間だけの官房長官だった人です。
文面から見ると、ホントに真面目で実直な、まさに絵に描いたような政治家の方みたいです。

個人的にこういう人は、応援したくなります。
大きなことはあんまり出てきませんが、

国家は巨大な割勘組織

この言葉を勇気を持ってちゃんと言った人だからもう全部○です!!!
みんなで応援してあげましょう!!!

パフォーマンスだけが政治じゃないんですね。
しかしこういうの読めば読むほど、ホントに政治って人間関係だなあと
つくづく思います・・・


にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。