スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空中ブランコ

  • 2008/07/20(日) 17:44:57

空中ブランコ空中ブランコ
(2004/04/24)
奥田 英朗

商品詳細を見る



私の勝手な持論があります。
例えば、夜道一人で歩くのが怖い時は、自分自身が怖い存在になる???
ヘンな人にからまれてなら、それ以上に自分がヘンな人になる?????

”郷に入れば郷に従う”
違うな、ちょっと・・・・

この『空中ブランコ』と、前作の『イン・ザ・プール』に出てくる心療内科医の
伊良部先生、とってもとっても変なおじさんです。
だから、自分は変なんじゃないかと思ってやってくる患者たちは
全員自分がいかにマトモなのかを確認して、去っていきましたとさ
メデタシメデタシ???

サイコーに元気づけられます。
この奥田英朗さん、やっぱり大したモンです。
ヘンなおじさんたちを、次々へと描いてこんなに元気づけてくれるんですから・・・

『ちょっと、今自分はオカシイかな???』
なんて思った時の処方箋です。
奥田英朗を読みましょう?????


ランキングに参加しています気に入っていただければご協力を
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキング

スポンサーサイト

”元気が出る小説”!?

  • 2008/01/27(日) 23:30:32

サウス・バウンド サウス・バウンド
奥田 英朗 (2005/06/30)
角川書店

この商品の詳細を見る


”元気が出る本”、特に文学作品て、そうそうにありませんよね?
意外とそうです・・・
村上龍の『シックステーナイン』ぐらいなもので、
やっぱり以外と少ないです。
奥田英朗さんて、広告業界出身らしく、
初めて読んだ『最悪』も、何となくその匂いがしました。

私モックンモーガンフィールドも同じ世界に身をおいたことがあって
何となくあのバブル期の、外側のハコモノはあるけどナカミどうすんの
と限られた時間と予算とで、帳尻あわせてきたウサンクササを
感じ取ってしまいました。

おそらく、広告業界にいた人はみんな感じるんじゃないでしょうか?

この人の世界って、何だかあのウサンクサイ世界を
無事に抜け出すことができた爽快感を感じます。
”オレ”だけかな???

とにかく、元気出したかったらイチドクを!!!

にほんブログ村 本ブログへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。