スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とんび

  • 2008/11/25(火) 06:29:13

とんびとんび
(2008/10/31)
重松 清

商品詳細を見る



とんびが鷹を生む”という表現があります。
とんでもない親から、とんでもなく優秀な子供が育つことの意味だと思う。

何だか泣かされてしまう、この重松清の作品は・・・
涙が止まらない。
ものすごく感動的なものでもないし、
ものすごく哀れな話でもない・・・
痛いところを心地よくついてくるもんだから、ついついハマッテしまう・・・

さだまさしの歌を聞いてると、
”イヤ、アンタそこをネタにするなんてずるいじゃないか!
 オレは絶対だまされんぞ!
 だいたいが、そんなとこを突かれれば、誰だってウっとくるに決まってるだろが!
 それを分かっててやってるから、アンタの歌は白々しいねん、ホンマ。”
とか屁理屈をついつい言ってしまう。

この重松清も、ほぼおんなじようなとこを突いてくることが多い。
心情風景というか心象風景というかそこに連れて行かれる。

作家というものが、自分の視点に読者を引き込むのが仕事だと
するなら、私はこの人にずいぶんと仕事していただいている。

ちょっと全作品読破しよううかな・・・なんて思ってしまっている。
流星ワゴン以来やられっぱなしです・・・

疾走”みたいに痛い分がないだけに安心して、泣いてください・・・


ランキングに参加しています
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへbanner_02ninkirankingsyou.gifbnr80_15_01burogou.gifbanner-timeblogsyou.gif
ブログランキングブログランキング【くつろぐ】人気ブログランキング


ディスカバリーネット
            【SC205】でお申し込みください。

スポンサーサイト

生まれ変われるかも!

  • 2008/11/20(木) 22:53:36

脳を活かす仕事術脳を活かす仕事術
(2008/09/10)
茂木 健一郎

商品詳細を見る



茂木健一郎
この人の言うことすごく気持ちいいです!
何だか元気づけられます。

ただ単にオキラクなことばかり言ってる?
何だかそうでもないです。
オキラクと言えば、努力と気合で涙流して頑張ればどうにかなると
考える方がよっぽどオキラクです。

”生命の輝きがあるか”

貴方にとって生きるってどういうことか?
こんなに根源的で、大雑把で、無責任で、端的で・・・
それでいてすべてを表してるかのような質問に対して
こんなカンタンな言葉の答えがありました。
要するにこういうことなんですね。
生命体として、人間らしさを持ちながら
快活で、なおかつ自分をちゃんと生かしながら
生きてるのかどうか。

すべての人に、笑顔で快活に問いかけてみましょう!!!
生命の輝きを持っていますか?と・・・


失敗をどうとらえるかがポイントです

成功したときは振り返らないものです

だから、失敗した時こそ大きく成長するチャンスなんです

数多くの、やらねばならないモノを探すタイミングなんです

新しい事へのチャレンジはそう簡単ではありません

失敗は当たり前です

その失敗を楽しめなければ、新しいチャレンジは出来ません

100挑戦して99失敗するかも知れません

しかし、99の失敗を楽しめるというメンタリティがあれば

人は大きく成長できるんです



自分をうまく生かさなければ、生きてることになりませんね。
本気で自分の能力を生かしていくことを考えなけりゃ!と
考えてた矢先の出会えた本、本気で
”有難うございました!ケッコウなオハナシを頂戴いたしました”と
言わせていただきます。

皆さんもぜひご一読を!






ランキングに参加しています
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへbanner_02ninkirankingsyou.gifbnr80_15_01burogou.gifbanner-timeblogsyou.gif
ブログランキングブログランキング【くつろぐ】人気ブログランキング



勝負・・・

  • 2008/11/02(日) 22:34:42

勝負の格言 [宝島SUGOI文庫] (宝島SUGOI文庫 A さ 2-1)勝負の格言 [宝島SUGOI文庫] (宝島SUGOI文庫 A さ 2-1)
(2008/07/17)
桜井 章一

商品詳細を見る



なんでこの人にこだわってしまうのかよくわかりません・・・
確かに、麻雀界では大した人ではありますから、前から知ってはいました。

んで、前書きを読んで買いました。

『99%の人が自滅している』


相手を読む、
戦法を変える、

要するに、自分が壊れていくんですね・・・
相手に戦って負けるんじゃないんです。

敗者があんまりまわりを元気づけられないのは
要するにそういうことなんでしょう。
自分に負けてるから・・・
自分とちゃんと戦っていないから・・・
イージーにイッちゃっているから・・・
ちゃんと、キチンとしてる人やことって、元気付けてくれるものです。


このブログやってて、ようやく自分に気がつけたことが一つあります。
苫米地英人さんの著作の中の一言がずっとひっかかってたんです。

『自分自身のコンフォート・ゾーンを変えてみる。(上げる)』

どうありたいのか、どうなりたいのか自分に向かってたずねて、
そして視線を上にあげるんですね・・・
こんなもんでいいや、なんて安易な現状維持をはかると
落ちていくんです、人間て・・・

シンプルなんですが、カンタンじゃないです。
自分に負けない。

言葉にすれば簡単なんですが・・・

王貞治の最後の試合のインタビュー・・・
『野球一筋のボクでしたから、最後の試合で延長戦なんてラッキーでした。』
勝ちたかったに決まってますよね、そんなもん!
けれど、自分が何者なのかちゃんと分かってる人ですね、やっぱり・・・
世界のトップってやっぱり違うものなんですね。


”自覚ではなく他覚をもて”
他イロイロ・・・

何かに真剣に向かい合おうとする時、なんとなくわかっていたことばかりです。
カンタンな言葉ばかりで書いてるから、
思わず『フン!分かってるよそんなこと!』なんて言ってしまうようじゃ
あんまりわかっていないということは、分かります?????

心静かに、自分と向かい合う練習をしてみませんか?






ランキングに参加しています
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへbanner_02ninkirankingsyou.gifbnr80_15_01burogou.gifbanner-timeblogsyou.gif
ブログランキングブログランキング【くつろぐ】人気ブログランキング



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。