スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十字架

  • 2010/01/07(木) 20:38:40

十字架十字架
(2009/12/15)
重松 清

商品詳細を見る



”いじめによる自殺”・・・・・・
かなり多いらしい。
子供社会、学校という閉塞的な社会だけの現象かと言えば、
何だか違うような気がする。
イヤ、気がするんじゃなくてそうなのだ。

俗に言う”敗者”たちを変にかばうつもりもない。
が、しかし排除するための論理、
異質なものを受け入れられない論理を振りかざすなら
それは明らかに間違っている。
何にもまして、最もタチが悪いのが無関心であるという。

誰でも、自分と違うものを見たり感じたりすると
警戒するという。
生物として、当たり前のことらしい。
ところが、自分たちと違うモノに対してケッコウ面白さや
気持ちよさやら、ドキドキ感やら・・・何だかよくわからんが
その方が面白かったりする。
そうやって人類は発達してきた・・・・

何だかよくわからん書評になってきたな・・・


対して仲良くもないクラスメートがある日、
女の子に告白して自分を親友と遺書に書いて自殺した・・・
それが10年以上にわたって、関わってきた人たちに
十字架としてのしかかっていた・・・
親にとって、その時間は止まったままだった。

救われる道は?
あるのか?
ないような気がする・・・

それでも、それぞれの人たちは生き続ける。
悲しいか?
そうでもない・・・
イヤ、やっぱり悲しいか?

答は出ないなやっぱり。


この重松清って人は、こういう風に答を出せないことばかり
突きつけてくる。
ところが、そうやって突きつけられるのが快感なものだから
いつも新刊で買ってしまう。
出版社の思う壺か・・・

核の問題、北朝鮮拉致問題、同和差別、
沖縄の基地問題、膨大な赤字の国家予算、
みんなみんな答が出ない・・・
ま、いいかと今日も生きている。
が、この人が突きつけてくる問題提起はいつも
気持ちをとられて離してくれない。
解決策があるわけではないが、ひとつ賢くなったような気がしてしまう。
自分の中にある、何かしらの問題に勇気を持って向おうと
思わせてくれる。

爆笑問題の太田光が、秋葉原の大量殺人事件の犯人に思い知らせる
一番いい方法は、天才的な表現者たちが責任もって
”お前の考えてること感じたことなんて、ほら、たかがこんなことなんだぜ!”
と、それぞれの方法で徹底的に表現してみせることだとか何とか言ってた・・・
畏れ多くも文学に携わる方々ならば、そういう心象風景をきちんと
取り入れて表現して欲しいものだ。
それで救われるか?

救われるかどうかわからんが、少なくともこの人に小説読むたびにいつも
自分の身近な問題に立ち向かう勇気を持たせてくれる。
年末年始にいい本とめぐり合えたな。





にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへbanner_02ninkirankingsyou.gifbnr80_15_01burogou.gifbanner-timeblogsyou.gif
ブログランキングブログランキング【くつろぐ】人気ブログランキング



スポンサーサイト

のぼうの城

  • 2010/01/06(水) 18:56:46

のぼうの城のぼうの城
(2007/11/28)
和田 竜

商品詳細を見る


本は中味が勝負である。
当たり前か???
でも、丁装やらも大事だ。
要するに、文学で食っていくにはマーケティングもかなり大事ってこと?
イヤ、別にそんなことが言いたいわけでは決してない。

久しぶりに、買って一気に読んでしまった!
ごっつおもしろい!
本屋さんで、平積みになってるのを横目で見ながら、
ミョーにこのイラストが気になってしかたがなかった。
あの曲者コメディアンの太田光がチョーオススメ!と評してたのが
これまた気になってしかたがなかった。

時代小説で、実話に基づくもののような書き方。
”のぼう”というのは、この物語の主役でもある成田長親の
”でくのぼう”のでくをとったあだ名。
豊臣秀吉が関東の北条氏をせめるときの、
石田三成の2万兵に対して、2千の兵で籠城して戦った合戦の人間模様。

この”のぼう様”のセリフがかなり熱くさせる。
”強い者が威張って、弱い者を虐げてゆくのが世のナラワシならば
 ワシは断固戦う!”
普段、でくのぼう呼ばわりされてる男が、当たり前に当たり前のことを
言った途端、”アイツがそういうなら手伝ってやんなきゃショーがない”?
なんてことで戦になる。


先日、占い師に見てもらった。
”ガンバって、張り切って、やる気満々で、
 困難には努力で打ち勝っていくのが自分だ!”
なんて思ってきたことを改めて、考え直す時期だそうだ。
”傷ついて、泣いて、弱々しい心に思いやる。”
そういうことに気づくようになったからこそ、自分の弱さも自覚して
一歩ずつ前に進んでいけるんだそうだ。

リーダーの気質に、最も必要なモノのような気がする。
映画化を前提とした分りやすい表現にしすぎてるのはご愛嬌、
これだけ元気がもらえるならもう、十分!
映画でも音楽でも小説でも絵画でも才能ある表現者の方々に対して、
私が求める第一のことは、元気付けてくれること。
見聞きして落ち込むようなもんだけはカンベンしてほしい。
とにかく、久しぶりにチョーオススメの一冊に会えました。


にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへbanner_02ninkirankingsyou.gifbnr80_15_01burogou.gifbanner-timeblogsyou.gif
ブログランキングブログランキング【くつろぐ】人気ブログランキング





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。