スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌うクジラ2

  • 2011/01/15(土) 01:58:49

歌うクジラ 下歌うクジラ 下
(2010/10/21)
村上 龍

商品詳細を見る



人間は断片的な情報しか持ってないから、完全になるために宗教を
必要としてるのだそうだ。

アキラを呼び寄せたヨシマツは、完全になろうとした。
神になりたかったのか?
そうでもないようだ。
アキラはヨシマツと一体になることを拒否する。
なぜか?

”自分を憎むことができなくなるから”

人は他人を通して自分を確認する。
アキラは移動し続けて誰かに会う。
宇宙の美しさ誰かに伝えたいと思う。
誰かとめぐりあったことを生かそうとして、生かしきれないことを
後悔しながら誰もが死んでゆく。



結局この小説のテーマなのかな・・・

ポップなものはケッコウ作ることは大変なはずだ。
誰かとわかりあうものをつくりあげること、
誰かを元気付けるものをつくること、
そう、それは大変なのだ・・・

村上氏はホントにすごいな・・・
階級的な闘争も、
文化的な闘争も、
最終的に愛に結びつけて、しかも感動をもってしあげてくれた。
愛・・・
誰かとのかかわり合うことでしか手に入らない相対的なもの・・・
考えれば、愛って社会的なものなのかな???

おどろおどろしくイビツな世界を表現する時、多くの作家は
読者を突き放してしまう。
まるで、お金を出して買った読者との関係をうっとうしく感じてるのでは?
と疑いたくなるくらい無責任さを感じさせることがある。
文章にある種の思いを込めて表現する者の務めとして、読んでてすごく
無責任さを感じてしまうのだ。
たぶん、自分が感じてる世の中に感じてる違和感なり不愉快さを
整理しきれずに、きちんと受け入れられないのだと思う。
”懐”が浅いヤツ!とワタシは思う。
本来が作家に向いてない人たちなのだろう・・・

村上龍は天才なのか、紙一重なのか、とにかく世のすべての
違和感やらアウトローたちを抱擁してるかのように思える。
最終的に人間の持ってるものを信用してるかのようだ。


差額の計算だけで、少しばかりの異質なものを排除しようとする
浅はかなな”経営者”たちが、やり手なんぞと言われてる感のある
昨今の世相を垣間見てしまった気分・・・・




スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。