スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”使われていない人生”?????

  • 2008/02/14(木) 01:31:32

世界は「使われなかった人生」であふれてる (幻冬舎文庫 さ 18-2)世界は「使われなかった人生」であふれてる (幻冬舎文庫 さ 18-2)
(2007/04)
沢木 耕太郎

商品詳細を見る


言うまでもなく、この人 ”沢木耕太郎”氏、バックパッカーたちの教祖様みたいな人です。
初めて、『深夜特急』読んだ時は、ホントにショッキングでした。
NHKのスポーツドキュメント、『奪還』も良かったです。
この人の本も、私としては今のところ失敗はありません。
唯一、小説の『血の味』は少し落ちますが、基本的にはよかった部類です。

んで、期待しないで手にとって、思いの他よくてラッキー!と思ったのがこれでした。

本来、この人の文章の魅力って、ルポにしても書評にしても映画評にしても
最終的にその対象物じゃなく、この人自身の着眼点・視線からはずれないこと、
そしてそのことが、とっても快適といおうか、心地よいという点じゃないでしょうか。

この本もそれです。

”使われなかった人生”・・・
もしも○○をしておけばよかったと、後悔することは誰にでもあることです。
もうヒトツの別の人生になっていたかもしれない・・・
そういう時はどうするのか?
その、”あり得たかもしれない別のもう一つの人生”
すなわち、”今現在使われていないその別の人生”を使ってみること、だそうです。

このブログの最初で紹介した”流星ワゴン”にのった主人公は、現状を認めることから
もう一つの人生を取り戻そうとします。

沢木氏は ”1号線を北上”するんでしょうか?

とにかく、今年から私自身も少しずつ、”今使われていない別の人生”を
使おうともがいています。


ふと、立ち止まった時、勇気をくれる1冊です。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

(U・x・U)この本何だか気になってきました。
読んだら、またモックンさん(勝手に略してるし)のお話を聞きたい…。

  • 投稿者: shio
  • 2008/02/14(木) 01:37:07
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。