スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2008/02/26(火) 18:45:14

僕の行く道僕の行く道
(2005/02/09)
新堂 冬樹

商品詳細を見る



基本的に、このブログで紹介する本は、実際に読んでみて
イイ!オススメ!!となる本です。

しかしながら、この人 新堂冬樹、頭の中はどうなってるのでしょうか・・・
先日読んだのが、『背広の下の慟哭』。
平和に見える、家庭の中でのオドロオドロしいお話やら
仲むつまじい夫婦間の病的な葛藤やら
この人の頭の中、ホントにのぞきたい!
この人の五感に触れてみたい!!
何考えてるのか、脳の中から取り出して
ひとつづつ並べて、全部研究してみたい!!!

そんな気にさせる人です。

そのくせ、残酷話もなんだか映像的で、リアルな不愉快さはない。
こんなに、泣かせるお話も書く・・・

全部がたぶん、『机上の空論』で成り立っているようです。
が、その空論がまた心地いい・・・

とにかく、ちょっと心安らいで、ちょっと泣きたかったらどうぞ。
買う価値は十分あります。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。