スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”天才”とよばれる人たち?

  • 2008/01/29(火) 21:59:24

半島を出よ 上 (1) (幻冬舎文庫 む 1-25) 半島を出よ 上 (1) (幻冬舎文庫 む 1-25)
村上 龍 (2007/08)
幻冬舎

この商品の詳細を見る



天才とよばれる人がいます。
才能を生かすというより、才能にひきずられて仕事をしてるように
まわりには見えます。
で、早く死ぬ・・・
60年代後半から70年代にかけてのロックミュージシャンに
よくあるパターンです。
ジミ・ヘンドリックス、ジム・モリスン、ブライアン・ジョーンズ、
その他イロイロ・・・

でも、以外とキホンにすごくチュージツだったりします。
ジミヘンは結局基本は、ブルースでしたし、
最近だとイチロー選手が一番いい例じゃないでしょうか・・・

そんなこんなのその辺のゴタゴタした事情なんか関係なく
ワッ!スンげー!!!と言わせてしまう人もいます。
以外と分かりやすい人なんです、フクザツでムズカシイことしながらも。
村上龍と横尾忠則って、その最たる人だと思います。


この小説『半島を出よ』のあとがき(だったかな???)の中で
村上さんは、『現状を調べて、情報を盛り込んでいくと
こういうふうにならざるを得なかった』と書いておられました。

小説だから、モチのロン、フィクションで虚構なんですが、
北朝鮮が攻めてきて、北九州の人たちが協力せざるを得なくて、
救いなのが、今の体制から大きくはずれた落ちこぼれたダメ男たち・・
なんて、そんなアホな?と思いますが、やっぱり納得してしまう。
『愛と幻想のファシズム』でもおんなじようなことをおっしゃってたような・・・

かなり過激な内容なのですが、何だか三島由紀夫を思わせる
幻想的なリアル感のなさというか、少し浮ついたような世界に
なってきたような気がします・・・

とにかくこの人の新作は、いつもチェック!チェック!チェック!です。



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ



スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。