スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スリー・アゲーツ―三つの瑪瑙

  • 2008/07/04(金) 22:29:28

スリー・アゲーツ―三つの瑪瑙 (集英社文庫)スリー・アゲーツ―三つの瑪瑙 (集英社文庫)
(2002/11)
五條 瑛

商品詳細を見る



今は、この人 五條瑛の最新作、『赤い羊は肉を食う』読んでいます。
面白いことは面白い・・・
しかし、この人の作品で最初に出会ったのがこれだったから、何だか物足りないのも確か・・・

今のところは、この人の最高傑作がこれだと思います。
スパイ小説なのに、最後泣けるのがケッコウうれしかったりしました。

仕事場のすぐ近くが、この小説の舞台の一つになってるコリアン・タウンだったり
金大中大統領の来日時の街全体の、異様な興奮の舞台裏の息遣いが聞こえたり
私が住んでるすぐ近くの、新大阪駅裏手のどう考えても普通じゃないマンション街が
拉致拠点だったりと、ケッコウどきどきものでした。

防衛庁の情報部員だったという作者の経歴が、生々しい大阪の裏の顔に説得力を
持たせてくれてます。

人づてに聞いたのですが、この小説の中に出てくる自衛隊の諜報用アンテナの存在が
公になってしまって閉鎖されたらしいとか・・・
真偽のほどは確かめようありませんから、ワカリマセンが・・・

アジア圏のスパイ関連モノから脱しようと、イロイロ頑張っておられるのですが
私には、デビューの『プラチナ・ビーズ』とコレが最もインパクトありました。

日本人拉致関連でこの分野掘り下げて欲しいんですが・・・・






ランキングに参加しています気に入っていただければご協力を
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキング

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。