スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛と幻想のファシズム

  • 2008/07/27(日) 13:45:31

愛と幻想のファシズム〈上〉愛と幻想のファシズム〈上〉
(1987/08)
村上 龍

商品詳細を見る



早いものですね・・・
ホントに ”光陰矢の如し”です。
これ読んでから、20年経ってるんですから・・・
天才と呼ばれる方々の特徴ですが、ホントに先を見越してる。

この人 村上龍が描く近未来の世界は、ドンドン現実になっていってます。
ホントに、”すべての男は消耗品”になっていってるような気がします。
ライン”やら”イン・ザ・ミソ・スープ”で描かれたおどろおどろしい
猟奇的な殺人の世界が、日常化したとは言いませんが、
すぐ隣にすでに存在しています。
今の日本の学校・教育システムが、大したものではなく
ましてや大した人間を作り出すものでもないことは、ついにバレてしまいました。

もしかして、この人はノストラダムスよりも、明確に未来が見えるのか???

以前雑誌のインタビュー記事で読みましたが

  『ボクは小説家です。小説は今ある情報を文脈の中でつなぎあわせていく作業です。
   今ある情報を、つなぎあわせれば、こうならざるを得なかったということです。
   ホントに北朝鮮が攻めてくるとは思えませんが、今の日本の現状を診れば
   この小説の世界を描かざるを得ないとしかいえません。』

”半島を出よ”が出版された時のインタビューだったように思います。


この本が出てから、”バブル”な世界がやってきました。
ソニーとトヨタは残ってますが、GMやらクライスラーは
姿を変えました。
ビル・ゲイツやら、スティーブ・ジョブズやら、俗に言うIT関連の方々が
”セブン”の中に入るんでしょう・・・

ここでは、あんまり登場してこない、イスラム圏の”オイル・マネー”も
今や、西側経済圏の世界中を駆け巡っています。
アラーの神が、そんなことを望んでいたとも思えないのですが・・・


この1年弱のあいだ、私自身もこんなブログなるもので
自分の頭の中のモヤモヤを吐き出さざるを得ない状態が続いています。

たぶん、”次なる世界””次のステップ”への過渡期なんだろうと思います。


さてさて、私はどうやって生き残っていこうかしら???


色あせない、傑作中の傑作です。
このカバーのイラストは、確か高校の先輩、横尾忠則さんのはずです・・・






ランキングに参加しています気に入っていただければご協力を
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキング

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。