スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十字架

  • 2010/01/07(木) 20:38:40

十字架十字架
(2009/12/15)
重松 清

商品詳細を見る



”いじめによる自殺”・・・・・・
かなり多いらしい。
子供社会、学校という閉塞的な社会だけの現象かと言えば、
何だか違うような気がする。
イヤ、気がするんじゃなくてそうなのだ。

俗に言う”敗者”たちを変にかばうつもりもない。
が、しかし排除するための論理、
異質なものを受け入れられない論理を振りかざすなら
それは明らかに間違っている。
何にもまして、最もタチが悪いのが無関心であるという。

誰でも、自分と違うものを見たり感じたりすると
警戒するという。
生物として、当たり前のことらしい。
ところが、自分たちと違うモノに対してケッコウ面白さや
気持ちよさやら、ドキドキ感やら・・・何だかよくわからんが
その方が面白かったりする。
そうやって人類は発達してきた・・・・

何だかよくわからん書評になってきたな・・・


対して仲良くもないクラスメートがある日、
女の子に告白して自分を親友と遺書に書いて自殺した・・・
それが10年以上にわたって、関わってきた人たちに
十字架としてのしかかっていた・・・
親にとって、その時間は止まったままだった。

救われる道は?
あるのか?
ないような気がする・・・

それでも、それぞれの人たちは生き続ける。
悲しいか?
そうでもない・・・
イヤ、やっぱり悲しいか?

答は出ないなやっぱり。


この重松清って人は、こういう風に答を出せないことばかり
突きつけてくる。
ところが、そうやって突きつけられるのが快感なものだから
いつも新刊で買ってしまう。
出版社の思う壺か・・・

核の問題、北朝鮮拉致問題、同和差別、
沖縄の基地問題、膨大な赤字の国家予算、
みんなみんな答が出ない・・・
ま、いいかと今日も生きている。
が、この人が突きつけてくる問題提起はいつも
気持ちをとられて離してくれない。
解決策があるわけではないが、ひとつ賢くなったような気がしてしまう。
自分の中にある、何かしらの問題に勇気を持って向おうと
思わせてくれる。

爆笑問題の太田光が、秋葉原の大量殺人事件の犯人に思い知らせる
一番いい方法は、天才的な表現者たちが責任もって
”お前の考えてること感じたことなんて、ほら、たかがこんなことなんだぜ!”
と、それぞれの方法で徹底的に表現してみせることだとか何とか言ってた・・・
畏れ多くも文学に携わる方々ならば、そういう心象風景をきちんと
取り入れて表現して欲しいものだ。
それで救われるか?

救われるかどうかわからんが、少なくともこの人に小説読むたびにいつも
自分の身近な問題に立ち向かう勇気を持たせてくれる。
年末年始にいい本とめぐり合えたな。





にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへbanner_02ninkirankingsyou.gifbnr80_15_01burogou.gifbanner-timeblogsyou.gif
ブログランキングブログランキング【くつろぐ】人気ブログランキング



スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。